ページ内移動用のリンクです

ここから本文です

ハインツ日本の食料支援活動

食料支援を始めたきっかけ

当社は2003年の8月から、食料支援団体セカンドハーベスト・ジャパン(東京都台東区)に、“ラベルが少し剥がれている”等の理由で、お店や通販などでは販売できないけれども食品としては全く問題の無い商品を寄付する活動を始めました。食料支援団体は英語でフードバンクと言います。当時の物流担当者は、米国では当たり前だった「食品メーカーからフードバンクへの商品の寄付」を日本でも行おうと考えましたが、なかなかそうした団体を見つけることができませんでした。ある日、帰宅途中に偶然フードバンクの車両を見つけ、さっそく車体に書かれていた電話番号に連絡をとりました。そして、代表者のチャールズ マクジルトン氏のヴィジョンや活動内容に共鳴し、商品の寄付が始まりました。

対象となる商品

寄付の対象となるのは、通常のルートでは販売できないけれど食べるには全く問題のない商品です。例えば、製造や物流過程で発生する、ラベルが少し剥がれたり汚れたりしたもの、缶詰の缶がへこんだ商品、あるいは外箱が破れているものなどです。特に輸入品は輸送経路が長いので、こうした商品が発生しやすくなります。また、賞味期限の残りが業界の要求水準に満たない商品も寄付の対象となります。

外箱の破れ

缶がへこんだ商品

寄付の方法

まず対象となる商品のリストを作成し、その中から食料支援団体が賞味期限内に適正に消化できると判断した商品を選んでもらいます。つまり、商品は寄付の時点で全て賞味期限内のものに限られており、食料支援団体および食料支援団体がこの商品を提供する団体においても、これを賞味期限内に消費することが同意書で約束されています。

実績

その年によって差がありますが、2007年~2011年の5年間の平均は約13トン/年です。

寄付した商品はどのように使われますか?

児童養護施設、家庭内暴力の被害者である女性や子供を保護するシェルター、ホームレスの人々などに提供されています。寄付する商品は様々ですが、すぐに食べられるスープやカレー等に人気がある一方で、それ以外の商品についても、他の食品と組み合わせて栄養バランスや食事の楽しさなどに配慮し、メニューに工夫をこらして活用して頂いています。

ハインツ日本では2008年からフードバンク関西(兵庫県芦屋市)、2011年からセカンドハーベスト名古屋にも商品の提供を行っています。

2012年6月1日 NHK「特報首都圏」で食糧支援活動について当時社長のポール モリが説明

協力団体のウェブサイト一覧