ページ内移動用のリンクです

ここから本文です

プレスリリース

報道関係 各位

2012年08月29日
ハインツ日本株式会社

シングル女性は野菜もミニがお好き?
冷蔵庫が小さくても多種類保存を
オレアイダ冷凍野菜のミニサイズ4品を9月1日新発売

詳しくはPDF版をご参照ください

デミグラスソース・ホワイトソースなどの洋風クッキングソースや冷凍ポテトのトップメーカー、ハインツ日本株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:ポール モリ)は、オレアイダブランドより冷凍野菜の新商品とリニューアル商品の4品を2012年9月1日に発売いたします。

今回発売する冷凍野菜は、「ミックスベジタブル」「スウィートコーン」 「グリーンピース」の各150gサイズと、「ブロッコリー」の110gサイズの 合計4品のミニパックシリーズです。

■野菜摂取のニーズを受けて伸びる冷凍野菜市場
冷凍野菜全体の過去3年の市場成長率は117%(右グラフ)と大きく伸長しています。これは、健康や美容志向で野菜摂取のニーズが高まる中で、生野菜に比べて価格が安定しており、また買い物や下処理などの手間が省ける冷凍野菜の付加価値が、広く認知されるようになったためと考えられます。ただ、主婦に比べてシングル女性の冷凍野菜の利用率はまだ低いレベルにとどまっています。

シングル女性にとっても野菜摂取は重要な関心事ですが、実態としてシングル女性の5人に1人は冷蔵庫に野菜がありません(※1)。にもかかわらず冷凍野菜の利用をためらってしまうのは、小型の冷蔵庫では冷凍室が小さいため、サイズの大きな冷凍野菜を購入すると1種類を長く使い続けなければならなかったり、他の冷凍食品を入れるスペースが無くなってしまうことが原因と考えられます。

※1) 出典: アイシェア http://release.center.jp/2008/08/0402.html 

■ミニサイズなら小さな冷凍室でも多種類保存が可能
こうしたニーズに応えるため、当社はこの度、従来の300gに加えて150gのミニパックシリーズを発売します(ブロッコリーは従来の110gタイプのパッケージリニューアルです)。これにより冷凍室が小さくても冷凍野菜を買いやすく、また無駄なく使い切ることができるようになります。さらに複数の冷凍野菜を買い置きしておけば、一般的な“チャーハンやポテトサラダの彩り”という用途に加えて、いろいろな冷凍野菜を組み合わせたレシピなど、もっと魅力的なメニューも可能になります。

ハインツ日本では、今後も消費者ニーズに応える商品開発を行ってまいります。

詳しくはPDF版をご参照ください

 

 

 

 

オレアイダ 冷凍野菜
ミニパックシリーズ

 

 

出典: インテージSRI/全国カテゴリー: 冷凍野菜 (ミックスベジタブル、コーン、グリーンピース、ブロッコリー合計) 期間: 2008年5月~2009年4月vs 2011年5月~2012年4月