ページ内移動用のリンクです

ここから本文です

プレスリリース

報道関係 各位

2011年08月09日
ハインツ日本株式会社

残った肉汁がレストランの味に変身
家庭のハンバーグに、プロの技生かした本格ソースを
「ハインツデミグラスハンバーグソース」 9月1日新発売

詳しくはPDF版をご参照ください

デミグラスソース・ホワイトソース等、洋風ソースのトップメーカーのハインツ日本株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:ポール・モリ)は、フライパンで肉汁と温めて使える「ハインツデミグラスハンバーグソース」を2011年9月1日に発売いたします。

■家庭で手軽に本格デミグラスソース味のハンバーグを
「ハインツデミグラスハンバーグソース」は、ハインツならではのこだわりのデミグラスソースを使った焼きハンバーグのためのソースです。丹念に炒めた香ばしいルウや香味野菜の旨みが凝縮された本格的な味わいに仕上げました。
ハンバーグを焼いたフライパンに入れて肉汁と一緒に温め、焼き上がったハンバーグにかけるだけという簡単な手順にも関わらず、本格的な洋食レストランで食べるデミグラスソースのハンバーグを自宅で作ることができます。

■“煮込み”に続いて“焼き”を発売
ハンバーグは家庭で食べる洋食の中で、カレーに次ぐ人気メニューです。ハインツ日本では、長年にわたり日本の洋食文化を支えてきたシェフ仕込みのデミグラスソースのノウハウを生かし、2004年に「煮込みハンバーグソース」 を発売しました。以来、生焼けだったり、焦がしたりという焼きハンバーグづくりに不安を抱える主婦の支持を得て売上を伸ばし、煮込みハンバーグというメニューの普及にも貢献してまいりました。
他方で、家庭で作られるハンバーグの主流は焼きハンバーグであることから(自社調べで75%)、今回あらたに焼きハンバーグ用のソースを発売いたします。

■出現頻度が多いからこそ「味のレパートリーを広げたい」
“焼きハンバーグソース”に関する当社の調査によると、家庭では主婦の7 割がケチャップと中濃やウスターソースなどを混ぜてソースを作っており、また75%がフライパンに残った肉汁と混ぜて作っていることがわかりました。
今回発売するソースは、ハンバーグを焼いた後の肉汁にソースを加えて加熱するといういつもと同じ手順で本格的なデミグラスソース味のハンバーグを堪能することができます。食卓出現率の高いメニューだからこそ味のレパートリーを広げたいという主婦の願いに応えます。

ハインツ日本はこの商品の発売をきっかけに、家庭における焼きハンバーグソースの新たな定番の味を目指します。

詳しくはPDF版をご参照ください

 

焼きハンバーグの盛り付け例

 

 

デミグラス ハンバーグソース

 

家庭で使用されている焼きハンバーグのソース