HEINZ ―ハインツ―

サイト内検索

×閉じる

07 ハインツの海外事業展開のはじまり

07 ハインツの海外事業展開のはじまり

1905年、イギリス国内に営業拠点と工場を設立

1901年のHeinz社の広告

ヘンリーの様々な才能のうち、国際的な経営感覚も素晴らしいものでした。Heinz社は最初に国際展開を行った米国企業の1つですが、そのきっかけは、1886年にヘンリーが家族を連れて初めて出かけたヨーロッパ旅行だったのです。
ヘンリーはこの旅行中、ロンドンに二週間滞在しました。旅行中にもかかわらず、シルクハットとフロック・コートに身を包んだヘンリーは、7つの自社製品をもってある店に飛び込みで営業活動を実施します。

ロンドン支社の建物

その店とは、イギリス王室御用達のフォートナム&メイソンでした。店の裏口を出入りする当時のセールスマンとは異なり、ヘンリーは正面玄関から堂々と入店し、購買部長へ直に自社製品をアピールしたのです。その結果、購買部長は7品全品の取り扱いを約束し、初取引が成立しました。こうしてイギリスへの足がかりを築いたHeinz社は、1905年、イギリス国内に営業拠点と工場を設立し、海外事業展開の第一歩を踏み出します。

また、1909年にはカナダにも営業拠点と工場を設立しました。イギリス・カナダにおける事業は大成功を収め、Heinz社は、両国民の生活に欠かすことの出来ない、ベイクド・ビーンズからスープに至るまでのバラエティ豊かな製品を、現在に至るまで供給しつづけてきました。多くの人々が、Heinz社が米国企業であることを知らないぐらい、各国の生活に密着した企業となっているのです。その後もヘンリーは大量の自社製品を携えて世界中を飛び回り、意欲的に新市場を開拓し、現在のグローバル経営体制の基礎を築きました。

常に活動的だったヘンリーでしたが、1919年5月14日、肺炎が原因で永遠の眠りにつきました。享年75歳でした。他界するまで現役を通したヘンリーは、半世紀ものあいだH.J.Heinz社を統率し、その成長・発展に大きく貢献したのでした。

商品情報
おいしいレシピ
知る・楽しむ
会社情報
オンラインショッピング
Copyright © Heinz Japan Ltd. All rights reserved.

キーワードで絞り込む

食材で絞り込む

肉類で絞り込む

魚介類で絞り込む

野菜類で絞り込む

卵・乳製品で絞り込む

商品で絞り込む

調理時間で絞り込む

調理時間で絞り込む

上記の条件で検索する